STORY

本質をとらえ、表現を磨き続けた
master-pieceとの16年。

BRANDING
企業ブランディング
TYPE
BtoC
CLIENT
MSPC CO.,LTD.様

BACK
 GROUND

背景

本質をとらえ、表現を磨き続けた
master-pieceとの16年。

日本を代表するカジュアルバッグブランド master-piece。ファッション性と機能性を高い次元で融合するmaster-pieceのアイデンティティは、1994年のブランド創立以来、多くのファンを魅了し続けています。プロジェクトは、2004年にウェブサイト制作をご依頼いただいたところからスタートし、現在では、ウェブサイトだけでなく、シーズンコレクションのビジュアルおよびカタログのアートディレクションからECサイト構築、ノベルティのプランニングまで、幅広く担当させていただいています。

プロジェクトに取り組む16年間、私たちは、時流の中でブランドとユーザーとの関係を俯瞰的にとらえ、これからのmaster-pieceがどんな価値観を提示していくべきなのかを考え続けてきました。もちろん、その思考の軸となるのはブランドに対する本質的な理解です。確かな軸があるからこそ、私たちなりの視点を交えながら咀嚼し、紐解いていくことができるのです。

長年のやりとりの中で築き上げてきた「信頼関係」と、この「本質理解」によって、私たちはこれからもクリエイティブを磨き続けていきます。

SOLUTION

解決策

ビジュアルコンセプトの企画から撮影まで一気通貫。ディテールにこだわってこそ、伝わる作品になる。

長年担当しているシーズンコレクションのビジュアル制作では、ビジュアルのコンセプト企画から、起用するフォトグラファーの選定、モデルのキャスティング、ロケーションの決定まで、ワンストップで提案させていただいています。

過去のアートディレクションでは、「master-pieceを世界へ打ち出す」というブランド戦略のもと、海外撮影を行うにあたり、あえて「プロのモデルを起用しない」という思い切った選択し、モデルの代わりに、世界で活躍する日本人 —— DJから漫画家、シェフ、フォトグラファー、そしてフードファイターに至るまで、多種多様なプロフェッショナルをアサイン。彼らの輝きとともにブランドを打ち出すことで、世界で勝負していく決意を表現しました。

さらに、彼ら一人ひとりがインフルエンサーとなり、SNSを通してmaster-pieceがこれまでリーチできていなかった新しい顧客に対して魅力を伝える「媒介」となったことで、「シーズンコレクションのビジュアル制作」というシンプルなプロジェクトから、大きなプロモーション効果を引き出すことに成功しました。

DIRECTOR
YOSHINORI MAKIURA
DESIGNER
YOSHINORI MAKIURA