1 常に磨き続けられる魅力を伝えるために。

文化三年鎌倉・長谷の地で創業され長谷の街で日用雑貨を一手に担ってきた商店として萬屋本店は創業し、長年多くの人たちの生活を支え、鎌倉の有力者では知らない人はいない鎌倉の繁栄を下支えしてきた商店として知られていました。

しかし、2006年時代の流れの中、200年続いた酒問屋が幕を閉じます。築90年を超す母屋は、この街を守り続けてきた威厳を今でも保ち、これだけの建物は古都鎌倉といえども数えるほどの希少さ。この素晴らしい場所に強く惹かれ、後世にこの貴重な歴史的建造物を残し、さらには新たな賑わいをもたらすために、歴史を紡ぐ場所としての価値が認められ、2016年に株式会社Daiyu様によってあらたに祝杯の場へと姿を変えました。

開業後からホームページおよびパンフレットはグロウ・リパブリックにて制作させていただき、萬屋本店様の結婚式に対する想い・情熱に心を打たれ、「この素晴らしい魅力をどのようにすればより多くの人に伝えることができるのか?」を常に考えてきました。しかしながら、あまりにも深く・真摯で情熱的な萬屋本店様の想いを形にすることは並大抵のことではありませんでした。

2019年、Daiyu様の第二創業期という節目を迎えられ、この機会に改めて萬屋本店様の本質を徹底的に追求し直し、より魅力的に多くの人に伝えるためのサイトリニューアルをご提案し、プロジェクトがスタートしました。

2 本質的な魅力を徹底的に追求し、
何を伝えるべきかを見極める

均一化されたウェディング会場サイトではなく、唯一無比の萬屋本店様らしい在り方を表現するために、まず最初に行ったことは「なぜ、萬屋本店様に魅了されるのか?」を徹底的に思考し、追求。何を伝えるべきか、どのように伝えるべきかを徹底的に会場様と議論し、一制作会社としてではなく、一人の萬屋本店様に魅了されたファンとして「もっと多くの人にこの素晴らしさを伝えたい」という想いを形にすべく答えを探し続けました。

実際に萬屋本店様が日々どのような想いで結婚式に向き合い、情熱を持って新郎新婦様・ご親族・ゲスト様のために尽くされているか、その取り組み・想いをヒアリングし、一つ一つに対して伝えるべきことは何か分析。

特に印象的だったことは、新郎新婦様が何に惹かれて此処で結婚式を挙げようと心に決められるのかを分析するため、プランナー様にご協力いただき、実際に新郎新婦様が御来館された際にご説明されるオリエンテーションを体験させていただく中で、プランナー様の情熱的で真摯な想いを伝えることこそが鍵になると確信しました。

3 全ては「一生のための、一日を。」のために。
ありのままの実直で真摯な想いを伝える

萬屋本店様の本質的な魅力を分析した上で、コンセプトメイキングをご提案。華美でなく、プランナー様の真摯で、実直な想いを表現するコピーライティングとは何かを徹底的に模索。萬屋本店様が結婚式に対してどのように考え・取り組まれているか。そして、実際に起こったこれまでの数々の奇跡と言える感動的な結婚式を伝えるために、どのようなメッセージであるべきかを考えた結果、一つのコピーに辿り着きました。

それは、「一生のための、一日を。」

結婚式という新郎新婦様のお二人にとって人生の節目であるその日が、これからのお二人・ご親族・ゲスト様の一生を豊かにするための一日であって欲しい。その想いを一心に萬屋本店様が日々取り組まれていることをこのメッセージに込めました。

4 全ての新郎新婦様に真摯であるためにブライダルフェアを廃止し、
萬屋本店様らしいご見学予約を実現

一般的なウェディング会場サイトでは大手ブライダルポータルサイトに倣ったブラでの来館予約を促していますが、本当にこの手法が萬屋本店様の自社サイトにとって相応しいおもてなしであるのか?

典型的なブライダルフェアでは、平日などはクイック相談などライトなフェア、週末により充実したフェア内容を訴求することが多く、このような曜日による差別化が萬屋本店様の自社サイトにとって本当にふさわしいのか?全ての新郎新婦様にとって初めて会場と接点を持たれる大切な御来館が、お二人のお越しいただくご都合によって、フェア内容が異なること自体が不誠実ではないかということをご提案しました。

「いつお越しいただいても最大限のおもてなしをする」その萬屋本店様のご姿勢を真摯に伝えるため、リニューアルに際して、一般的な「ブライダルフェア」での集客は廃止し、より新郎新婦様にとってライトにご見学予約をしていただけるよう、メール・LINEでのご予約方法を実装しています。また、これまでの弊社での実績と分析からユーザビリティの高い導線設計を行なっています。

5 挑戦的な見学予約方法で
成果をより高めるためのABテスト計測機能

今回実装される見学予約の手法でより成果を高めるために、フルスクラッチで制作された管理画面よりクライアント様にて容易にABテストが行えるように設計。最大3パターンの見学予約ページを表示し、計測期間中にそれぞれの閲覧数・コンバージョン数を計測可能です。さらに計測期間中、自動的にコンバージョン率の高いページの表示回数を増やすように設計されており、成果を最大限に高めることを実現しています。

6 萬屋本店様で挙式後も続く、
ご夫婦とプランナー様との絆を伝えるために

萬屋本店様で挙式をされ、その後も深い絆でお付き合いを続けられる方が大勢おられます。例えば「担当プランナー様の結婚式にご参列されたご夫婦」、「旦那様が結婚後、家具職人として独立され、萬屋本店様の結婚式を創るチームの一員に」など、多くのご夫婦が萬屋本店様に魅了され、お付き合いされています。

それは萬屋本店様での結婚式が「一生のための、一日」になった証。
この証こそが萬屋本店様の強みであるとご提案。

一般的なウェディング会場サイトではウェディングレポートとして当日の様子を掲載されているケースに止まりますが、萬屋本店様では、リニューアル前から多くの反響を読んだ結婚式当日の「感動レポート」に加えて、結婚式後も繋がるお二人と萬屋本店様の「その後の歩み」を並列して掲載しています。

7 本質を追求し続けた結果、ウェブサイトが指標となり
社内スタッフの意識がより明確に

萬屋本店様のスタッフ様の結婚式にかける情熱や真摯な姿勢は目を見張るものがありましたが、今回のサイトリニューアルの際に丁寧に込められた想いが、ウェブサイトとして視覚化・言語化されたことで、より一層社内意識が明確となり、日々の業務・接客においても良いフィードバックが起こっているとのことで、インナー・アウター両面のブランディングを達成する結果となりました。

ウェディング会場サイトは画一的な仕様になる傾向が強い中、会場としての本質を見直し、他会場との違い・強みを徹底的に分析し、これからの時代に相応しいコンセプトメイキングを行い、それを基に一つ一つのコンテンツの在り方を追求、丁寧に作り込むことこそ、本来のサイトリニューアルの姿です。

サイトリニューアル後も引き続き萬屋本店様に寄り添い、日々磨き続けられる魅力を伝えるためによりよいブランディング・クリエイティブをご提供してまいります。

  1. CD YOSHINORI MAKIURA
  2. D AZUSA FUJIWARA
  3. CL Daiyu inc.様
WORKS
  • THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO | ウェディングサイト WebMovie
  • TAICHI | ブランドサイト BrandingWebMovie
  • beBit AFTER DIGITAL Inspiration | メディアサイト BrandingWeb
  • beBit | コーポレートサイト BrandingWeb
  • Joie de treat. | ブランドサイト Web
  • YOKO YAMASHIRO Designs | コーポレートサイト Web
  • TORAJI | ブランドサイト BrandingWeb
  • グランドハイアット東京 | ウェディングサイト Web